So-net無料ブログ作成

70歳まで働く社会 [日記]

厚生労働省は、年金の受給開始年齢を70歳超にしたいという方針を打ち出した。しかも、働く限り保険料も払うことになるらしい。名目は現役世代が少なくなるからだというが、実際には年金財政の健全化を図りたいということだ。
これまでも、1998年に55歳から60歳へ、また2013年には60歳から65歳へ引き伸ばし、12年かけて完全に移行するという途中なのに、もう次のステップである70歳への延長問題が発生しているのだ。
特に団塊世代が後期高齢者になる2025年にはこの問題が顕著になってくるので、その前に手を打っておきたいというのが本音だろう。働くことが強制される社会になるのだろうか。

コメント(0)