So-net無料ブログ作成

アファメーションの刷り込み(21) [アファメーシヨン]

アファメーションはI X V =Rの公式に則って書きます。
書いたアファメーションをどうやって潜在意識に刷り込むのか?
それは、この公式の通り、「生き生きと鮮明なイメージ」というのがポイントになります。したがって、ここでは「想像力=イマジネーション」の出番になります。
 人間の神経系は、「イマジネーション」での体験と「現実」での体験を区別できないことはすでに見てきましたが、この原理を応用するのがインプリンティングです。

 アファメ-ションを書いて、それを読み上げて、「実現している自分の姿」を生き生きと想像していると、はじめのうちは現実とかけ離れていて、何となく違和感(認知的不協和)があります。ところが、回数を重ねるごとに、イメージが鮮明になってきます。そして、だんだんとそれが当たり前のように感じてきます。つまり、気持ちのうえでは、すでにそれを実現している気になるのです。新しい映像に慣れてきて、違和感が薄れてくるのです。これこそがde ja vue(既視感)の感覚です。

コメント(0)